CTime

CTime《SDGsリレー》について

 

みなさんこんにちは!

海賊王になる男、たくまだお❣️

2019.8.13 にスタートした「SDGsリレー

始まったものの、未だ「得体の知れないもの」感は拭えていないのが現状です。

 

そこで、今回の記事では、SDGsリレーの目的と、SDGsリレーで学べることをみなさんに知っていただきたいと思います!

SDGsリレーって何?

何が学べるの?

どんな協力ができるの?

と思った人はぜひ最後まで読んでみてくださいね♡

 

SDGsリレー発足のきっかけ

 

私がSDGsリレーを発足させた理由は、

「世界で何が起きてるかわからない」からです。

いざ、SDGs活動をしようと思っても、「何をすればいいんだ?」「どんなことに貢献できるんだ?」とわからなくなりますよね?

それは現状を知らないからです。

この状況を打破するために、SDGsリレーは発足しました。

 

SDGsリレーの目的

 

SDGsリレーの目的は2つ

①世界の国々では、どんな助けが必要とされているのかを知る

②世界の国々ではどのようなSDGs活動がなされているのかを知る

①を知ることで、自分にできる活動がわかる

②を知ることで、効果的なSDGs活動を参考にして、自分たちの活動に取り入れることができる

 

現状を知って、ニーズに応える活動をすることで、持続可能な将来を作り上げることができると考えています。

 

本当に求められる活動をするためには、「何が起きているのか」を知ることが必要です。

SDGsリレーは、その「知ること」ができるリレーなのです。

そして、知ることによって、「自分にできるSDGs活動を始める」ことが大きな目的です。

 

その大きな目的を実現するために、CTimeの検索で、「#SDGsリレー」と検索すれば、辞書のように世界の国々のことが並べられ、いつでも閲覧できる環境を目指します。

 

SDGsリレー、みなさんができること

 

SDGsリレーでみなさんができることは

①バトンを回す

②CTimeの検索で、世界の国々のことを検索する

 

SDGsリレーであなたができることは、「バトンを回すこと」だけではありません。

CTimeの検索で、「#SDGsリレー」と検索して、世界の国々のことを知り、自分ができる活動を始めることができます。

むしろ、それこそがSDGsリレーの目的なのです。

 

#SDGsリレーで検索して、世界のことを知ってみてください。

そこには必ず、みなさんができることがありますよ。

 

SDGsリレーの今後

 

今現在、バトンを回して、先進国・発展途上国、共にみなさんに調べていただいてる状況です。

ただ、世界193か国全て調べるのは酷な話なので、とりあえずの目標として「30か国」のリレーをしていきたいと思います。
※30か国揃えば、ある程度のデータが集まると考えているため

今後は、ただバトンを回すのではなく、

 

SDGsリレーをやってみたい
世界の国々について書いてみたい

 

という方を募集し、その方々でバトンを回そうと思ってます。

 

まとめ

 

✔ SDGsリレー発足の理由は、「世界で何が起きているかわからない」から

✔ SDGsリレーの目的は、世界を知ることによって、「自分にできるSDGs活動を始める」こと

✔ CTimeで#SDGsリレーを検索し、いつでも閲覧できる環境を作る

✔ 今後の目標は30か国。希望者の間でバトンを繋ぐ

 

いかがでしたでしょうか?

SDGsリレーのことを少しでも知っていただけたでしょうか?

大切なことは、「知るだけで満足しない」こと。

行動を起こすことが大切です。

みなさんの少しの行動が集まれば大きな力になり、誰かのためになり、持続可能な将来につながると信じています。

 

SDGsリレーをこれからもよろしくお願いします!